Uncategorized

デザインの基本

投稿日:2019年6月13日 更新日:

店舗デザインもそうですが、デザインは専門的な教育を受けることで、初めて実践することが出来ます。ここではデザインの基礎中の基礎について、ご説明します。まず覚えていただきたいのは、デザインには4つの原則があるということです。それは、近接、整列、強弱、反復です。これらを意識することで、デザインの力は飛躍的に向上します。デザインは、より美しく見えるように装飾することが眼目ですが、同時にコンセプト、メッセージが明確に伝わる必要があります。つまり、「何となく綺麗だけど分かりにくい」と見る者に思わせてしまったら、そのデザインは失敗していることになるのです。 上述したデザインの原則は、コンセプトを伝える上で欠かすことのできない要素です。そのため、専門的な教育を受けていない人であっても、無意識的に実践できることがあります。とはいえ、改めて学んだ方が、より確実にアウトプットできるはずですから、是非覚えるようにしましょう。一つ目の「近接」ですが、人は近い物同士を、まとめて捉える傾向があります。つまり、一種のグループ恣意識的に作り出すのです。ですからこの心理機制を活かして、性質が似通っているもの同士を近くに配置することで、グループがより明確化され、すっきりとした印象を与えることが出来ます。「グループ」を生み出すことに失敗したデザインは、何となく雑然としていて、見る者の気分を害することになります。

 二つ目の「整列」ですが、沢山ある要素の配置を整えることを指します。例えば、左に揃える、中央に揃える、といった基本的な整列は、統一感を醸成します。最近のデザインソフトは、この整列機能が充実していますから、積極的に利用するようにしましょう。

-Uncategorized

Copyright© あなたの「理想」はここにある 店舗デザイン.net , 2019 All Rights Reserved.